発達障害であるのがわかった子供に選んだのはABAという優れた児童発達支援

子供と一緒に遊んでいる時に色々な事を頼まれる事が多くて頼られている気持ちを感じていたものの、友人が連れてきた子供と共に過ごしていた時に気になる事がありました。

塗り絵を楽しむ前や楽しんでいる時、自分の子供は収納棚からクレヨンや色鉛筆などを親に出してもらうように頼んだり使う色を口で言って取ってもらっているのにも関わらず、友人の子供は手にする色を選定する時はもちろん収納棚から出す事も含めて自分で行っていた事です。

友人にも話をしてみたものの、成長の様子には個人差があるという話で落ち着き、それ以上の事を話す事はありませんでした。

友人と別れてからも自分の子供について気になっていたので、発達障害について頼もしい方に相談してみたところ、些細な事であっても親や周りの人に頼んで自発的に行動できないのは発達障害でよく見られる事例であると教えてもらえました。

自分の子が発達障害であるとは考えた事が無かったですし、言葉は聞いた事があってもこれまでにも考えた事も無かったため、これからの育て方を気にしていたところABAを教えてくれました。

ABAに則り、初期段階では塗り絵をする時にはクレヨンや色鉛筆を探すという行動を紐付けするようにしつつ、紐付けた行動ができるようになった後にはあえていつも収納している場所とは異なる場所に移動させるようにもしています。

そのような児童発達支援を意識的に行ってきた事もあって、今日においては以前よりも応用力が育まれていているのがわかります。

てらぴぁぽけっと三郷駅前教室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です